LEDパーキング看板を自作する方法

パーキング看板を自作でLEDを用いて作る際に使える資材の情報

パーキングの経営に欠かせないパーキング看板ですが、できるだけ目立つように作りたいと考えることは普通のことです。経費節約で自作で作る際には、LEDを駆使してみると日中でも夜間でも視認性のアップにつながります。
パーキング看板は屋外に設置することが殆どなので、自作で使える資材は自動車用のLEDテープ、若しくはLEDチューブがあれば自主制作は意外と難しくありません。注意点は自動車用といっても車内用と車外用に分かれて販売されているので、当然ながら車外用で耐水性に優れたLEDが該当する資材です。
他にも住宅を彩るLEDテープは販売されていますが、光量が調整できるものであればこちらも便利に使えます。住宅用の場合は光量が弱い一面があるので、事前の調査は欠かせません。パーキング看板の自作でLEDを用いる際には、車外用の製品は非常に効果的に利用でき、曲面でも施工できたり、折り曲げを可能にしているテープやチューブがあるので、意外と簡単にデザイン通りに作成できます。

資材はLEDテープだけではなく他にも準備は必要です

パーキング看板を自作するような際に、車外用のLEDテープなどは非常に効果的に使えますが、事前に準備が必要な資材はこれだけではありません。ベースとなる看板部分は必要になり、LEDテープはあまり熱を発生させないので、アクリル板やアルミ板、ステンレス板など耐候性に優れた資材を希望するサイズのものを購入することは欠かせません。
ベースとなるパーキング看板に対して、LEDテープを固定していく方法ですが、固定には超強力両面テープを必要とします。後はコードを処理するためのコードを必要としており、ベースに穴を開ける加工を施すと、看板の裏側の見えない位置にコードを集めることができます。電源を準備することも必要とされるので、もしもパーキング看板自体は自作できても、電気系統に詳しくないという場合では、一定以上の知識は必要です。
電気工事を伴うようなコード配線を施す場合では、素人では施工は難しい範囲なので、プロに任せることで安全な仕上がりを実現できます。

まとめ

パーキング看板をLEDを利用して目立つようにしたい際には、自動車用のLEDテープやチューブは使い勝手の良い資材になります。ベース看板にレイアウトをしてテープで貼り付けをしていく方法ですが、配線のコードの処理方法や接続方法、電源取りに関する問題が出てしまった際には、やはりプロに依頼をした方が安全です。車外用品であれば耐水性に優れていますが、パーキング看板は長期利用を目的にしているので、特にコード類の接続部分等には防水加工を十分に行う必要があります。

カテゴリー: 作成方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です