パーキング看板を自作するのに必要な材料と工具

パーキング看板の自作で最も簡単に行える方法と材料

屋外利用のパーキング看板を自作する際には、最も手軽で簡単に作る方法があります。
用いる材料は屋外なので木材ではなくステンレス板やアクリル板、ポリカーボネートなどが該当します。

これらの資材はホームセンターで販売されており、お店によっては任意のサイズにカッティングサービスを行っているのでサイズ合わせは簡単です。
もしも自力でカットする場合は、ステンレスはグラインダーか丸鋸、アクリル板やポリカーボネートは専用のカッターを購入すると簡単にカットできます。
パーキング看板の本体を作ることができたら、次のステップは塗料で文字入れをする方法です。
手書きに自信を持っている方は、屋外用の塗料を用いて文字入れできますが、既定のフォントやオリジナル性の高いデザインに仕上げたいという場合は、パソコンからロゴを作成したものを用紙にプリントアウトして、文字部分をカッターでくり抜いてから看板ボードに貼り付けを行った状態で、スプレー缶の塗料を吹き掛けると綺麗な仕上がりを実現できます。
自作の場合は耐久性に劣ってしまう可能性があるので、透明のウレタンラッカーを仕上げに塗ると耐久性を高められます。

パーキング看板の自作で自立式を作る手順と材料

パーキング看板を自作する際、壁掛け用ではなく自立式のスタンドタイプで作りたいと考えている方は、看板のボード部分の作成は簡単にできても、スタンド部分の自作で困ってしまうことも想定できます。
木材で作る方法であれば非常に簡単で、ツーバイフォー建材を用いると地面との接触部分には専用の金具が販売されているので下から腐食を起こしてしまうこともありません。
木材はそのまま利用するのではなく、表面保護のために木材用塗料を何度も塗ることも必要です。
木材ではなく更に耐久性をアップしたパーキング看板を目指している場合は、アルミ素材のパイプを活用する方法があります。
この
材料はホームセンターで様々なサイズのものが販売されており、ジョイントパーツも豊富にあるので専用の接着剤を同時に購入すると簡単に自立式のスタンドを自作できます。
カットが必要な際には、グラインダーやパイプカッターが必要になり、どちらも高額ではないので経費も安く抑えられます。

まとめ

パーキング看板の自作では、看板のボードの選別とカット作業が最初に必要です。
次に文字入れをする作業では、自筆だけではなくパソコンでロゴを作成するとスプレーで綺麗に仕上げることができます。
壁掛け用の場合は、裏側に固定金具を設置して適切な場所に固定したり、四隅に穴を開けて固定する方法もあります。
自立式スタンドで作りたい方は、木材を加工する方法と、腐食を起こさないアルミパイプを使う選択肢があり、グラインダーや丸鋸、ネジやドライバー、カッターなどを含めても高額にはなりません。

カテゴリー: 作成方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です